ちいき新聞(松戸、松戸北、松戸南、松戸東、新松戸)に
「まつど0円マーケット」取材記事が掲載されました!

さっそく、次回の開催についてのお問合せをいただいています。
次回開催は3月26日(日)、現在プログラム準備中です!

買ったけれど使わない物が、家に眠っていないだろうか。昨年12月末にまつど市民活動サポートセンターで開かれたのは、使わない物を持ち込んで無料で持ち帰ることのできるマーケットだった。

 

使わない物を無料で欲しい人のために

 同イベントを企画したのは、松戸市などで路上生活者を支援する団体「NPO法人ディープデモクラシー・センター」だ。地域に、貨幣に依存しない領域を確保しようと、まつど市民活動サポートセンターとの共催で開かれた。
 イベントは正午からだったが、朝から持ち込みをする人で会場はにぎわい、洋服やバッグ、アクセサリーに雑貨、食器など、さまざまな物が並び、手に取って品定めする人も多く見られた。

 

次回は3月26日(日)に開催

 会場の2階では、0円食堂を開催。準備した50食のカレーは1時間ほどでなくなり、大盛況となった。その後の0円上映会では、「都市を耕すエディブル・シティ」が上映され、0円講座では「折り染めの世界を楽しむ」が開かれた。この講座では、講師の指導の下、折りたたんだ紙を好きな色に染め、思い思いに模様を楽しむというもので、参加者からは「マーケットも上映会も講座も楽しかった」との声が寄せられた。
 同団体の加納基成さんは「多くの人が来てくれ大成功でした。イベントはみんなで作り上げていくことを目指しています。お金に頼らない世界の良さも感じてもらえたら」と話す。
 次回は3月26日(日)に同じ場所で開催される予定。予約不要で持ち込むだけ、持ち帰るだけでも良い。ただし、汚れた物、壊れた物、使えない物は持ち込めない。もらい手のなかったものは自分で持ち帰ること。
http://chiicomi.com/r_news_detail?id=6249d060-e702-11e6-9669-a0369faf468c

Share